医療脱毛の解約・クーリングオフについて

MENU

医療脱毛の解約・クーリングオフ返金制度

格安、低料金としているエステ脱毛にするべきか?費用は高めでも永久脱毛としている医療脱毛にするべきか?悩んでいる学生やママさん、OL女子なども多いのではないでしょうか。そこで医療脱毛では途中解約することができる?クーリングオフはある?気になるところでもあります。

 

最近では低価格なプランやコースを設定している脱毛クリニックも増えていますがやはり料金が高めとしていますので選択する際には躊躇してしまうのも致し方ありません。そこで安心して契約するにはやはり返金制度があるかないかではだいぶ変わってきます。

 

ここでは医療機関での脱毛で解約・クーリングオフについてまとめてみましたので今後のムダ毛処理の参考としてご覧くださいね!

 

 

クーリングオフとは?

 

契約した後頭を冷やして(Cooling Off)冷静に考え直す時間を消費者に与え、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる特別な制度のことをいいます。(国民生活消費センターから抜粋)

 

医療機関ではクーリングオフは適用されない?

 

医療脱毛は医療行為、医療契約のため特定商取引法には対象外としていますので一度契約を交わすことで解約やクーリングオフができないクリニックが一般的としています。逆にエステサロンでは大半のところが適用していますので効果が感じられない!という方や何らかの事情により解約することも可能としています。

 

しかし昨今では途中解約返金制度・システムを設けている医療脱毛クリニックも存在しておりクーリングオフはできませんが安心して契約することができるところも増えてきています。高い医療脱毛としていますので後悔することなくムダ毛を無くすためにはこのような制度を設けているところに注目しておきたいものです。もちろん解約するつもりがなくても返金制度があると思うだけで安心が得られるものですよね!

 

医療脱毛の契約書類に注視すべき!

 

脱毛を始める前にはまずはカウンセリングが行われ納得してから契約を交わすことになります。その際には途中解約に関しての取り決めがきちんと記載されているか確認する必要があります。カウンセリングでも解約の有無など説明を受けるかと思われますが書類上においてもきちんと記されているかあとあとトラブルとならないためにも確認しましょう。

 

そこで事務手数料や振込手数料がかかるところもあればそうでないところもあり途中解約では全額返金とならないところもあります。クーリングオフができない分途中解約の取り決めにおいては十分理解しておくことが重要としています。

 

医療脱毛で解約返金制度があるクリニック

 

  • 湘南美容外科クリニック
  • アリシアクリニック
  • リゼクリニック
  • 新宿クレアクリニック
  • ドクター松井クリニック

 

上記の脱毛クリニックでは手数料なしの途中解約が可能としています。このように返金制度がある医療機関においてはそれぞれの脱毛プロフェショナルとして自信があるからこそできる制度としています。そのためサービス、脱毛効果、技術などどれをとっても質の高いクリニックとして期待することができ結果的に安心、信頼、満足して脱毛を完了することが可能としています。

 

医療レーザー脱毛を検討しているなら解約返金としている医療機関がおすすめです!