レーザー脱毛、ワキガ治る?悪化する?

MENU

医療レーザー脱毛、ワキガ治る?悪化する?

女性であれば脇のムダ毛はもちろんのこと臭いにおいても気になるという方もいるのではないでしょうか。特にワキガとしている方においてはレーザー脱毛とワキガの改善、悪化が気になるところでもあります。ここでは医療脱毛とワキガの関連について検証しまとめてみましたので今後のムダ毛処理の参考としてみてはいかがでしょうか。

 

 

ワキガの原因とは?

 

脇の下にあるアポクリン腺分泌異常により汗腺から出る汗が原因でワキガ独特の強いにおいを発します。遺伝性による発症としても知られており思春期になると症状が現れる方が多いようで日本人の約10%の方が悩まれているとしています。

 

ワキガ治療として内服薬の他、外科手術やレーザー治療によりアポクリン腺を除去または破壊することで治すことができます。そこでレーザー脱毛と相違いないのではと思われる方もいますがワキ脱毛の場合は毛根を死滅させるとしていますので根本的には違います。

 

医療脱毛によりワキガが治るって本当?

 

レーザー脱毛の照射により毛根を死滅させることで毛穴の毛根付近で繁殖する常在菌が減少することができワキガの軽減につながるとしています。ワキガの臭いは常在菌の増殖により更に悪臭の原因としていますのでその増殖を減らすことで臭いを抑えることが期待できるとしています。

 

そのため脇の医療レーザー脱毛はワキガを完全に治すことはできませんがワキガ対策としては有効としています。脇のむだ毛を無くし悪臭も軽減することができるとして医療脱毛は一石二鳥とすることも期待できるとしています。しかしワキの悪臭で悩んでいる女性においては朗報としていますがワキガの治療目的ではありませんので十分認識しておく必要があります。

 

脇脱毛でワキガが悪化することもある?

 

  • 汗の量が増えた
  • 脇の下の臭いが気になるようになった
  • ワキガの臭いが更に強烈となった

 

ワキ脱毛後の体験談や口コミでは上記のような症状を訴える方も少なくないようで照射によりアポクリン汗腺が刺激されて一時的に分泌物の量が増えてしまうことで施術後に汗が増えたと実感される方も多くいます。しかしそのような多汗症は自然と治りますので心配する必要はないようです。

 

そして脱毛後の毛穴に皮脂や老廃物がつまり酸化することで悪臭とすることもありますがこれらはワキガの方だから症状が現れることではなく一般の方においても同様としています。

 

自己処置として毛抜きで汚れを取りだす方法もありますが場合によっては傷つけてしまい化膿してしまうことも考えられますので詰まりがひどいときは皮膚科により処置してもらうことをおすすめします。そうすることで悪臭とした原因を取り除くことが可能としています。

 

そこで実際のところレーザー脱毛によりワキガが悪化してしまうのか?気になるところでもありますが汗腺のアポクリン腺を刺激することで活発化して一時的にワキガが悪化したという方も存在しているようです。少なからずワキガへの影響があるとして脱毛を検討している方はカウンセリングの際に相談する必要があります。

 

ニードル脱毛でワキガ改善効果あり?

 

毛根と一緒にアポクリン腺の開口部にも熱を加えることができるのがニードル脱毛としておりその効果は永久脱毛にワキガの改善が期待できるとしています。痛みがレーザーよりも更に強く、費用も高めとして実施しているクリニック、サロンは少なく限られています。