肌弱い・肌荒れの人はレーザー脱毛ダメ?

MENU

肌弱い・肌荒れの人は医療レーザー脱毛ダメ?

これまでに何度かエステサロンや医療クリニックでの脱毛を検討したもの肌が弱く、敏感肌としているため諦めてきたという方も少なくないようです。脱毛においては肌への負担があると思われがちですが自己処理よりも断然安全でダメージが少ないということも知っておくべきとしています。

 

ここではレーザー脱毛は肌が弱い・肌荒れ・アトピーの方でも施術を受けることができるのか検証しまとめてみましたので今後のムダ毛処理の参考としてご覧くださいね!

 

敏感肌も永久脱毛は可能?

 

ムダ毛の処理としてカミソリや毛抜き、ワックスなどは敏感肌の方においては更にダメージを与えることが考えられます。その点、医療レーザー脱毛は毛根への作用となりますので肌が弱い方やアトピーの方でも施術を行うことができます。

 

敏感肌の方だからこそムダ毛処理は肌に優しい医療クリニックでのレーザー脱毛がおすすめとなっています。そこで健康な素肌としている方でも照射時の熱により肌が火照ってしまうこともありますが1日程度で収まりますので気にすることはないとしています。

 

しかし肌が弱い方や敏感肌としている方では火照ることでかゆみとなることもあり我慢できずにかいてしまうとアトピーの症状が悪化したり肌荒れを起こしてしまうことが考えられます。

 

脱毛施術による肌荒れ対処法

 

火照りを引かせるために保冷材などで患部を冷やすことで落ち着きます。また照射後の紫外線は更に肌を刺激しますので特に敏感肌の方は日に当たらないように気をつけなければなりません。そして湿疹や肌荒れ、かゆみがひどくなった場合には直ぐに施術した脱毛クリニックに受診して処置してもらうことをおすすめします。

 

昨今では脱毛後の診療や薬代も無料としているところが大半としていますので症状が気になるようであれば電話をしてから来院しましょう。

 

レーザー脱毛ができないケースとは?

 

  1. 現在アトピー性皮膚炎として症状が現れている方
  2. 日焼けした直後で乾燥肌としている場合

 

肌が弱い方やアトピーとしている方では施術する際に症状がある方においてはその部位の照射をすることはできません。そのため回復してからの施術となります。また紫外線にあたり日焼けによる肌荒れや火傷状態としている場合も施術することはできませんのほてりがなくなり肌が落ち着いてからの脱毛となります。

 

レーザー脱毛する際には医師に相談!

 

敏感肌、肌が弱くアトピー皮膚としている方においてはカウンセリングの際には医師やスタッフにこれまでの症状などきちんと伝える必要があります。そうすることでテスト照射はもちろん最初は弱めの出力での施術で肌に負担とならないように様子を見ながらおこなってくれますので安心できます。

 

また最初の診断として専門医が毛質や肌質などもチェックしてくれますので状況に応じて実施したり先送りするなど判断してくれますので無理な施術を行うことはありません。そして現在症状として肌荒れとしている場合ではそれ以外の可能な部位の施術として検討してくれますので諦める必要はなく部分的にムダ毛処理をすることができます。

 

また多少の肌荒れの場合でも施術が可能だと判断すればレーザーの出力を調整して施術を行ってくれクリニックによってはステロイド剤を同時に処方してくれるところもあります。