レーザー脱毛で失敗・リスクってあるの?

MENU

レーザー脱毛で失敗・リスクってあるの?教えて

医療脱毛では病院・クリニックが原因とする場合と自己責任により失敗するケースがありますのでレーザー脱毛の失敗のリスクを知ることで今後最小限とすることも可能とし対処することも期待できます。そこで現在、ムダ毛処理として医療クリニックでの脱毛を検討している方は今後の参考としてご覧くださいね!

 

レーザーの照射漏れ

 

医療脱毛は施術後10日前後で一度毛が抜けるとしていますが部分的に残ってしまうことがありその効果がまばらとしている場合はスタッフの打ち漏れが原因としていることがあります。実績が多数あるスタッフであれば確立的には少ないとしていますが経験不足としている方では脱毛の失敗の原因の一つとしています。

 

そこで医療脱毛クリニックの評判は高評価としていても施術するスタッフによってはこのような失敗が起きることもなきしもあらずとしていますので、照射漏れが発覚した場合の対応として無料での施術を行ってくれるのか確認しておく必要があります。またカウンセリングの際には医師または資格のあるスタッフの施術としているかも聞いておくことも大切です。

 

肌トラブル発生

 

医療レーザー脱毛は出力が高いので特に敏感肌の方においては火傷状態となることもあります。そのため医師や施術スタッフは肌の状態に合ったレーザーの出力や照射時間などを決めますが判断ミスにより肌質に適していない施術となり肌トラブルとなることも考えられます。

 

医療脱毛クリニックの失敗として度々口コミなどでも聞かれますので事前に病院・クリニックの評判や症例などチェックする必要があるようです。またレーザー脱毛後において医師の指示に従わずに施術前に紫外線を浴びることで火傷を起こしたり、照射後に日焼けすることでシミや色素沈着とした自己責任による失敗例もあります。

 

照射の際の痛み

 

出力が強いのでその分サロンよりも痛みが感じることは承知としていますが思っていた以上の痛さとして我慢できずに照射の出力を弱めることで効果が出なかったという失敗談もあります。そこで事前のカウンセリンで麻酔の使用が可能かレーザー脱毛機器の種類なども確認しておきたいものです。

 

昨今では医療機器の発達に伴い最新のものであれば冷却措置が完備しているため肌を冷やしながらレーザーを照射して痛みを軽減できるものがあります。

 

レーザー脱毛の失敗は自己責任も大きい?

 

脱毛施術前は日焼けしないように!と注意事項としても記載されカウンセリングでも十分な説明を受けているにも関わらず紫外線を浴びるなどして乾燥肌により通常の出力での照射ができない場合もあります。そのため効果が出ないことも考えられ通常の出力として行った場合には肌荒れを起こしてしまうことも予想されます。

 

そこで医師やスタッフの指示をちゃんと守ることで医療脱毛の失敗のリスクを最小限に抑えることが期待できるとしています。それには照射後には自宅でも患部を冷やしたり保湿するなどアフターケアーを行い、入浴は避けぬる湯のシャワーを浴びるなど肌をいたわってあげたいものです。

 

そして早くにムダ毛を無くしたいからとして自己都合により施術の間隔が短すぎたため成長期でないサイクルでの施術で効果が出ないことも考えられます。次回の予約はスタッフと相談し毛周期に合わせて照射することは重要とし、脱毛失敗しないための根本的な問題としていますので注意しなければなりません。