レーザー脱毛前はお酒・アルコールは避けるべき?

MENU

レーザー脱毛前後はお酒・アルコールは避けるべき?

お酒が好きな人は毎日飲む習慣としていますのでレーザー脱毛前のアルコール飲酒は避けるべきか?また友人と飲み会などで施術後でも飲酒は可能かどうか気になる方もいるのではないでしょうか。これまでは自己処理としていたもの面倒で肌荒れなどにより限界としている女性のなかにはお酒が好きな人ももちろん存在しています。

 

ここでは医療レーザー脱毛と飲酒との関係を検証し肌への影響や脱毛効果などまとめてみましたので参考としてご覧くださいね!

 

医療脱毛前のアルコール飲酒がダメな理由とは?

 

  • 飲酒により体温が上昇し血行が良くなり皮膚が火照る
  • アルコールの利尿作用により体内は水分不足
  • 泥酔していなくとも酒臭くマナー違反
  • 施術中に気分が悪くなる可能性もあり

 

身体が火照っている状態で施術をすると部位によっては痛みが増したりかゆみを感じることも考えられます。そして医療レーザー脱毛は適度な肌の水分量は必要とし施術前には肌の水分量の検査をするところもありお酒を飲むことで乾燥肌となることも予想されます。

 

乾燥肌にレーザー脱毛の施術をすると肌トラブルを引き起こすこともありますので通常の出力よりも下げての照射とすることで効果が期待できなくなります。また特に当日にお酒を飲んだ後の来院では他の患者さんやスタッフからしても気持ちの良いことではありませんのでモラルのない行動は慎みたいものです。そして照射の際の痛みに反応して酒酔いが悪化して気分が悪くなることも考えられます。

 

医療クリニックの注意事項には必ず飲酒禁止として記載されておりカウンセリングの際にも説明を受けている方も多いはずです。気持ち良く永久脱毛を完了するならレーザー脱毛前の飲酒は厳禁としていますので決まりごとはきちんと守ることを心がけたいものです。

 

レーザー脱毛施術後のお酒はOK?

 

施術後の禁止行為として脱毛後・前の飲酒は12時間は空けてください!としています。脱毛後は乾燥肌になりがちで保湿など十分なケアが必要としているところにアルコール摂取することで利尿作用が働き更に身体の水分不足が懸念され危険な状態となることも考えられます。

 

またアルコールの飲酒により血行が促進され体温が上昇することで施術部分に発疹やかゆみなどの症状がでることもあります。そこで自己責任の肌トラブルとして通常は無料としている診療費や薬代など実費となることも予想されます。

 

ムダ毛処理をしてきれいな素肌を手に入れたいとして医療クリニックに通っているのですから脱毛前・後の飲酒は禁止として我慢するべきとしています。

 

エステサロンであれば飲酒はできる?

 

フラッシュ光脱毛であれば出力も弱いためアルコール摂取しても大丈夫だろうと思われがちですがエステサロンにおいても注意事項として脱毛前後の飲酒は禁止としています。また家庭用脱毛器においても説明書に記載されておりレーザー脱毛と同様に肌への影響や効果が出にくくなることが考えられます。そのためお酒を飲んだ後の脱毛や施術後の飲酒も避けるべきとしています。

 

ちなみにワックスやクリーム脱毛であれば問題ないだろうとしていますが脱毛後の飲酒はやはり禁止としています。只でさえ肌荒れが気になる脱毛法としているところにアルコール摂取することで赤みや痒みが他の脱毛方法よりも出やすいとしていますので飲酒は避けるべきとしています。