全身医療脱毛の回数・期間はどのくらい?

MENU

全身医療脱毛の回数・期間目安はどのくらい?

一昔前では脇や足など部分的に脱毛する人が多くいましたが昨今では格安な全身脱毛としてエステサロンで行う人が増えています。しかし永久脱毛としているわけではありませんので医療クリニックでの施術を検討している方も少なくないようです。

 

そこで医療レーザー全身脱毛が完了するまでの回数や期間が気になる人もいるのではないでしょうか。ここでは全身医療脱毛口コミ、体験談に注目しながらムダ毛のない素肌となるための必要な施術について検証してみましたので参考としてご覧くださいね!

 

 

医療脱毛で全身ツルスベになるまでの回数は?

 

医療脱毛の特徴は少ない回数、短い期間で施術終了することができ実際に通う期間としては個人差もありますが全身ですと1年~2年としています。施術回数はほとんどの部位でだいたい5~6回前後で自己処理が必要なくなる程としていますが背中や顔など産毛の多い部位では10回以上は必要としています。

 

レーザーは黒いメラニン色素に作用しますので濃い毛や剛毛としている部位では早くに効果を発揮させることができますが薄い毛としているうぶ毛には効果が弱く他の部位の倍以上かかることもあります。また5~6回というのは自己処理が必要のない状態としていますので完全にキレイになるわけではありませんのでツルスベとするには2,3回程プラスする必要もあるようです。

 

そして医療脱毛のレーザーは毛周期に合わせて照射する必要がありますので1ヵ月に2,3回の施術をしても効果はありません。部位によって毛のサイクルは異なりますが大半は2~3ヵ月に1回の施術となります。

 

効果的な全身医療脱毛の通い方!

 

  1. 毛周期に合わせて予約する
  2.  

    毛周期とは成長期⇒退行期⇒休止期のサイクルとしてレーザー照射は毛が生えてきている成長期だけに効果を発揮するとしています。そのため効率的に全身脱毛するのであれば次の施術は毛が生え揃う2~3カ月後に予約をするとして毛周期に合わせて施術を繰り返すことが重要としています。

     

    毛根から毛が生まれて成長する期間を成長期と言い毛根にある毛乳頭が血管から栄養を取りこみ毛が生えてきます。毛乳頭がある限り毛は生えてきますので発毛を促す毛乳頭を破壊するのがレーザー脱毛となります。退行期、休止期にいくら照射しても毛乳頭にダメージを与えることはできません。

     

  3. 注意事項をきちんと守る
  4.  

    施術を行う前は日焼けしてはいけないということは事前のカウンセリングでも説明を受けていると思いますが万が一、紫外線を浴び日焼けしてしまった際には肌状態によっては施術できなくなることもあります。その理由として日焼けした肌は水分が蒸発した乾燥肌となっていますので照射することで施術後の痛みが増し色素沈着の原因ともなりかねないとしています。

     

    できたとしても出力を下げての照射となりますのでその効果は半減されてしまうことが予想されます。そのためまた毛周期に合わせて予約を取る必要があり2,3ヵ月先延ばしとなってしまうことが考えられます。

 

目的に合わせてスケージュルを立てる!

 

夏までにはムダ毛をなくしたい!1年後の結婚式までにはきれいになりたい!などそれぞれ目標とする期限を定めることでそれにさかのぼった脱毛計画を立てることが必要となります。レーザー脱毛は数回で効果があらわれるものではありませんので1,2ヵ月後にムダ毛のない素肌となることは到底むりとなります。

 

特に全身医療脱毛とする場合には余裕をもって初めるべきとしていますが期間を見極めるのに不安なかたはカウンセリングで相談することで専門スタッフが的確なアドバイスをしてくれますのでおすすめです。