レーザー脱毛前は日焼けNG?

MENU

医療レーザー脱毛前は日焼けNG?

レーザー脱毛の施術前は日焼けするのはダメとよく言われています。また、施術後についてはOKなのか?など疑問がいろいろあると思います。季節によっては肌を露出される機会も多くなると思われますので、どの程度我慢しなければいけないのか?その辺りについて徹底検証していきたいと思います。

 

医療脱毛前の日焼けNGは都市伝説?本当の話?

 

日焼けのレベルや程度にもよりますが、脱毛の効果が薄れたり、肌に対するリスクが高まる可能性がありますので、NG・注意事項として記載されている医療脱毛クリニック・病院が多いのが特徴的になります。安全性に優れた効果の高い医療レーザー脱毛に拘るのであれば前日~数週間前は直射日光に肌を充てるのは避けるべきでしょう。

 

まとめると「本当の話」になりますので、それを踏まえて続きを解説していきたいと思います。

 

万が一日焼けした場合、どのくらいの期間経てば安心?

 

肌の弱さ・強さは1人一人異なりますので、レーザー脱毛日焼けの期間については施術を受ける予定のクリニック・病院の医者に判断してもらうのが理想的になります。素人では日焼けのレベルや危険度についても判断することが難しいので、自分で独学で調べるのではなくプロのアドバイスを聞くのが理想的になります。

 

強行突破!日焼けしたままレーザー脱毛すると火傷する?

 

実は医療レーザー脱毛の体験談を見ると「腕が火傷した」、「脚の肌が腫れた」、「顔の肌が赤くなった」などの声があります。炎症を起こして色素沈着になるケースもありますので、大変注意が必要になります。

 

それらの火傷のリスクを高めてしまうのが日焼けになります。医療脱毛はシンプルに毛乳頭を破壊することで毛を生えにくくする仕組みになっています。日焼けをすると黒い色素が増加されて、脱毛したい部分以外の細胞にも医療レーザー脱毛器が反応してしまいます。これによって出力が下がり、照射パワーを落とすことになります。火傷のリスクが高まりますので、痛みも増加する可能性が高まりますので、ハッキリ言ってデメリットだらけであることは覚えておくべきでしょう。

 

何となく「レーザー脱毛は痛ければ痛いほど効果あり!」と思われていますが、日焼けの場合は全くの別物であると考えていいでしょう。

 

顔・ヒゲ(髭)のレーザー脱毛の日焼けは特に危険?対策方法は?

 

日常生活で腕や脚などの露出を防ぐことは簡単ですが、顔を隠して町中で歩いてしまうと「この人これから強盗でもするのか!?」など犯罪者と間違われてしまうかもしれません。

 

外に出る時は日焼け止めを使うなど対策することが大切になります。また、外出やその日の紫外線の強さによっても利用する商品を変えるのもポイントになります。長時間外出する時におすすめされているSPF50以上の商品の場合ですと肌が弱いとトラブルになりやすいなどのリスクもありますので、レーザー脱毛をする担当医にシッカリと相談することが大切になります。良い日焼け止め以外を利用する場合においても洗顔剤に加えてクレンジングオイルを使用してシッカリと落とすことが大切になります。

 

特に敏感肌の方は注意が必要になります。顔・ヒゲ脱毛をされる方は女性・男性問わず多いのですが、やはり身体のパーツの中でも重要な部分になりますので、火傷をするのは絶対に避けたいところです。オリジナルな手法で解決しようとするのではなく、シッカリと話し合いをすることが大切になります。そのタメに多くの医療脱毛クリニックでは無料カウンセリングが設けられています。