レーザー脱毛は保険適用されますか?

MENU

医療レーザー脱毛は保険適用されますか?

施術をする際に何と言っても気になるのが料金ですね。その中でも医療レーザー脱毛は保険適用されるのか?保険診療なのか?という点はこれから医療脱毛をする方にとって気になる項目の1つになると思います。社会保険、国民健康保険などに加入することによって病気や怪我(ケガ)をした時に証明書を提示することによって医療費の一定割合を軽減することができます。

 

医療脱毛が保険診療で適用されれば実質的には大きな割引の意味合を持つことになるでしょう。それだけに興味を持っている女性・男性は多いのです。

 

 

結局、医療脱毛は保険適用される?されない?

 

単刀直入に言えば医療レーザー脱毛は基本的には保険適用外になります。これは国家公務員や地方公務員が加入している共済組合の健康保険でも同様です。民間企業勤務でも公務員などの官公庁勤務でもその辺りについては平等ですので、安心してください。

 

「もしかすると!?」と希望をもっていた方にとっては非常に残念なお知らせではありますが、真摯に受け止めて、今後施術をするか?を検討して頂ければと思います。いつも病院やクリニックで診療・治療を受けた時に2割~3割程度の負担でしたので、100%そのまま払うというのは高く感じるかもしれません。しかし、考えてみるとレストランで食事をする時やお気に入りの洋服を購入する時もキャンペーンなどが実施されていない限りは通常料金のはずです。実は10割負担というのは日常生活においては当たり前のことではあるのです。それを気にする必要もないかと思いますよ!

 

請求された金額をそのまま払うという感覚があればいずれ気にしなくなると思います。

 

レーザー脱毛が保険適用外の理由について

 

物分かりの良い方であれば既に上記で納得されていると思いますが、中には引っかかってしまっている人もいると思います。

 

「レーザー脱毛は医療行為と掲載されている。他の保険適用対象の治療とは何が違うのか?」

 

という感じでどうしても納得できない人のために対象外になってしまう訳を解説していきたいと思います。

 

シンプルに言えば保険適応になる条件として病気やケガが原因で診療や治療を受ける時になります。

 

そのため日常生活に影響の無いレーザー脱毛などは健康保険を使うことができないのが基本ルールになっています。医療脱毛が特別な訳ではありません。そもそも人間ならムダ毛があるのは普通ですし、むしろ毛が全く生えない方が変ですからね。

 

健康保険が使えないケース

 

  • 美容を目的とする整形手術 
  • 近視の手術など
  • 研究中の先進医療
  • 予防注射
  • 健康診断、人間ドック
  • 正常な妊娠・出産
  • 経済的理由による人工妊娠中絶

 

例外的に健康保険が使えるケース

 

  • 大学病院などで厚生労働大臣の定める診療を受ける場合  
  • 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などによる異常分娩の場合
  • 母体に危険が迫った場合に母体を保護するための人工妊娠中絶

 

健康保険給付が制限されるケース

 

  • 犯罪行為や故意に事故(病気・ケガ・死亡など)を起こしたとき
  • ケンカ、酒酔いなどで病気やケガをしたとき
  • 正当な理由もないのに医師(病院)の指示に従わなかったとき
  • 詐欺、その他不正に保険給付を受けたり、受けようとしたとき
  • 保険者の指示する質問や診断を拒んだとき
  • 少年院や刑事施設などにいるとき(健康保険給付を行うことが事実上不可能なため、支給されません。ただし、埋葬料と被扶養者への支給は行われます)

 

参照元:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3010/r58

 

やっぱり医療脱毛は高額なの?

 

美容整形では頻繁に「全身1000万円以上」などのサイボーグ自慢をされている方は結構います。

 

高額な支払になる要因として挙げられるのが保険を利用することができないという点になります。

 

実際に医療レーザー全身脱毛などの場合でも100万円程度になるケースもあります。クリニックや病院によって同じような施術内容においても料金が異なりますので、できるだけコストを抑えたいのであれば比較することが大切になります。