妊娠中のレーザー脱毛は影響する?

MENU

妊娠中(妊婦)のレーザー脱毛は影響する?

医療クリニックやエステサロンで脱毛する女性は年々増加しており様々なキャンペーンや低価格で提供しているところも増えていますので学生から中高年層まで幅広い方が利用しています。そして20代、30代の結婚適齢期としている年代においても多くの方がムダ毛処理としていますが妊娠中のレーザー脱毛の影響が気になるという女性も少なくないようです。

 

そこでここでは妊娠・産後の医療脱毛の注意点や今後の再開などまとめてみましたので参考としてご覧くださいね!

 

妊娠中の医療レーザー脱毛は危険?

 

  • ホルモンバランスの変化で毛周期が乱れる
  • 痛みにより陣痛誘発で早産の危険性
  • 肌荒れの際の薬の制限あり

 

妊娠することによりホルモンバランスが崩れ女性の身体や心は大きく変わっていきます。そのため妊娠中は体毛が濃くなり毛のサイクルも変化してしまいますので効果が得られないことも考えられます。そしてイライラしたり憂鬱になったり自律神経が乱れることにより少しの痛みや緊張により母体に影響を与えることが予想されまた肌の影響としては紫外線への感受性があがりシミが増えることもあります。

 

そして最も心配なことは照射の際の痛みにより子宮を収縮し陣痛が起きてしまう可能性もありまた緊張とストレスにより早産の危険性もなきにしもあらずとしています。また万が一、肌トラブルとしたときには妊娠中においては服用できる薬も制限されてしまいますので十分な処置、治療をおこなうことができないことも考えられます。

 

医療脱毛後に妊娠発覚!胎児への影響が心配!

 

女性は妊娠することで身心共に変化が表れてきますが妊娠初期では気づかずないという方も多く見られます。そのため知らずに脱毛をしてしまったという方もおり赤ちゃんへの影響が心配される方もいるのではないでしょうか。そこでそもそも医療脱毛のレーザー照射は毛根への作用となりますので妊娠中の胎児への影響はこれまでに症例はなく危険性は少ないとしています。

 

しかし脱毛は母体への影響があるため医療クリニックはもちろんエステサロンや美容整形でも妊娠中の脱毛を受け入れているところはありません。妊娠が発覚した場合には速やかにクリニックの医師、スタッフに伝える必要があり医療脱毛は中断することになります。また妊娠中のレーザー脱毛においてはカウンセリングや注意事項として最初に説明を受けることも多いようです。

 

気になる!産後すぐに脱毛は可能?

 

赤ちゃんを出産した女性の身体はまだ正常なホルモンバランスとしていませんので産後のレーザー脱毛においては医師やスタッフと相談してから再開することがベストとしています。産後においても毛周期の乱れとして一時的な脱毛症を発症する人もおりレーザー脱毛の効果とすることが難しいとしています。そこで一般的に正常化するには授乳している時期にもよりますが産後から生理が始まってからを目安にしています。

 

医療クリニックでは保証期間を設けているところもあり妊娠や仕事などによりしばらく通院できない場合でも期間内であれば再度、施術を受けることができます。またせっかくこれまでに脱毛のレーザー治療をしたのに効果がなくなってしまうのではと心配する方もいますが、一度ダメージを受けた毛根は回復することはありませんので照射の期間が空いても効果は持続していますので安心しても良いようです。