脇の医療脱毛で黒ずみ改善はできるの?

MENU

脇の医療脱毛で黒ずみ改善はできるの?

初めてサロンやクリニックで脱毛を行う方では最も多い部位とするのが脇のムダ毛処理としています。身体のなかでは一見目立たない部分でもありますが女性にとってワキの毛の処理は身だしなみとしても過言ではありません。特に薄着の季節になれば半袖、ノースリーブなど着ることで脇毛は目立ってしまい人に不快感を与えてしまうことも考えられます。

 

そこでこれまで自己処理してきた方では同時に黒ずみが気になるという方も少なくないようです。そのため脇の医療脱毛で黒ずみが薄くなるのか?消える?気になる方も多いようです。ここではレーザー脱毛とワキの色素沈着や埋没毛の改善となるのか検証しまとめてみましたので参考としてご覧くださいね!

 

 

脇の色素沈着・埋没毛の原因

 

  • カミソリ処理が原因による色素沈着
  • 毛抜きや抜くタイプの脱毛器でムダ毛を処理して埋没毛
  • 毛穴汚れの詰まり

 

脇は他の部位よりも皮膚が弱く刺激によりメラニンが生成され黒ずんでしまい特に自己処理を長らく繰り返していた方に起こり得る症状としています。特にカミソリでは肌を傷つけダメージが大きくターンオーバーが正常に働かなくなり色素沈着として黒ずんでいきます。

 

そして自分で毛を抜く場合では毛穴が炎症を起こし伸びてきた毛が外にでることなく皮膚の中に埋もれた状態となってしまいます。また毛穴の汚れは自己処理で毛穴が広がった状態で制汗剤やワキ用のファンデーションを使用している方など起こりやすい現象としています。

 

いずれもワキの自己処理により黒ずみは引き起こされることが分かっていますので医療クリニックで永久脱毛とすることで原因となるムダ毛処理が必要なくなりますので改善が期待できるとしています。

 

レーザー脱毛で脇の黒ずみが消えた?

 

脇脱毛をすることで黒ずみが薄くなった!消えた!という方は口コミや体験談などでも多く聞かれます。そのなかでは3回目頃から変化を感じるようになり黒ずみが薄くなりますのでワキの皮膚のトーンが明るくなっていくことが実感できたという方もいます。脱毛することにより自己処理は必要なくなりますのでターンオーバーが正常化し角質が生まれ変わりますので色素沈着とした黒ずみが徐々に薄れ消えていくとしています。

 

そして埋没毛であってもクリニックでは表面に出すための処置をしてからレーザー脱毛を受けることができますので埋れ毛による黒ずみも解消することができます。また機器には脱毛だけではなくメラニン色素の沈着を取り除く効果があるものもあり医療脱毛で脇の黒ずみが改善効果は期待できるとしています。

 

しかし毛穴汚れによる黒ずみは医療脱毛で改善できるとは限りませんので気になる方は美容整形や皮膚科などでレーザー治療により除去してもらうことができます。

 

医療脱毛で更に黒ずみが増えた?

 

レーザー脱毛後に色素沈着をしてしまうというケースがあります。その理由として脱毛後は乾燥肌となりやすいため保湿ケアを十分に行わずにいると黒ずんでしまうことがありまた紫外線によりメラニンが沈着してしまうことが考えられます。

 

せっかくツルスベのワキとなったのに黒ずんでしまったら台無しとなりますのでアフターケアをおろそかにせず脱毛後においては日焼け止めなど紫外線対策をすることが大切です。特に施術後は患部を温めないようにして十分に冷やし制汗剤の使用は避けたほうが良いようです。