脇の医療脱毛はワキガ・臭くなる?

MENU

脇の医療脱毛はワキガ・臭くなる?治る?

ワキガで悩んでいる方にとってムダ毛よりも臭いが気になるという女性もいますが脇の医療脱毛でワキガが改善されれば一石二鳥として喜ばしいことでもあります。しかし逆にレーザー脱毛により臭いがきつくなるのでは?気になる方もいるようです。

 

女性にとってワキの臭いは特に気になるものでバスや電車など密封された空間では更に充満してしまうことも考えられあえて満員の時間をさけて通勤するOLの方も少なからずいます。また臭いを軽減するために毎日のムダ毛の自己処理や制汗剤によるワキガ対策としている方もいます。

 

そこでここではワキガと医療脱毛の関係性を検証しまとめてみましたのでこれから脇脱毛を検討している方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ワキガが臭いわけとは

 

脇の毛穴にあるアポクリン腺という器官から出す一種の汗は脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどの成分が含まれ皮膚表面に存在する常在菌により分解されることで異臭を放ちます。また皮脂が混ざり合うとにおいはさらに強くなる傾向としています。

 

汗を出す汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類ありますがワキガの方においてはこのアポクリン線の数が多く粒も大きく生まれたときからその数は決まっています。そして思春期と共に大きくなり臭いがきつくなり老年期には小さくなり臭いもそれ程気にならなくなります。ワキガ治療として手術によりアポクリン腺の数を減らしたりまたは除去することができ鼻につく嫌な臭いを軽減もしくは無くすことも可能としています。

 

医療脱毛でワキガ治療は可能?

 

口コミや体験談ではレーザー脱毛でワキガが軽減したという方も少なくないようで完全に治療とはいかなくても特に軽いワキガとしている方ほどその効果が見られるとしています。アポクリ線は毛穴に沿って存在していますので照射の際には毛根とともにダメージを与えることが考えられます。

 

そしてこれまで脇毛が密集していることで毛穴は皮脂や汚れがたまりやすく雑菌が繁殖していたため異臭としていたものムダ毛を無くすことで清潔な皮脂を保つことができますので臭いを抑えることができます。またワキガの治療と共に脇脱毛も実施しているクリニックもありますので医療脱毛でワキガの改善となることは本当のようです。

 

しかし個人差やワキガが重度としている方においては臭いの軽減が感じられない方もいるようです。ワキガを治すのであれば皮膚科や医療クリニックで本格的な治療をおすすめします。

 

脇脱毛して臭いが更にきつくなった!

 

脱毛完了するまでには5~6回程度は施術する必要がありその間は毛が生えても自己処理せず自然に抜け落ちるまで待たなければなりません。そのため皮膚表面に存在する常在菌とワキガの汗が毛に絡み一時的に臭くなることが考えられます。完了することにより脇の皮膚は毛が無くなり清潔を保つことができますのできつくなった臭いは改善されるようです。

 

脇脱毛してワキガになるのは嘘?本当?

 

ムダ毛を無くすために医療脱毛するのにワキガになってしまうとなればそれは考えものでもあります。しかし安心して下さい!レーザー脱毛してもワキガが発生することはありません。上記でも記載していますがアポクリ線の数は生まれつきとしていますので脱毛をしても増えることはありません。