顔の医療脱毛痛いって本当?

MENU

顔の医療脱毛痛いって本当?

永久脱毛としての効果が期待できる医療クリニックでの顔脱毛は痛みを伴うのか気になる方も多いのではないでしょうか。特にサロンのフラッシュ光よりもレーザー脱毛は出力が高いことでも周知となっていますので効果とともに痛みがあることは覚悟する必要はあるようです。

 

そこで医療脱毛口コミや体験談に注目すると部位によっては痛みが増すところや感じにくいところなどがあり我慢できる程度とする方やかなりの激痛としている人もいます。ここでは顔の医療脱毛が痛いのか検証しまとめてみましたので参考としてご覧くださいね!

 

医療脱毛(顔)が痛いわけとは?

 

  1. 毛根が破壊される際に周辺の皮膚にも影響
  2. 脂肪が少なく皮膚が薄い部分としている
  3. 乾燥肌により更に痛みが増す
  4. 産毛が多いため出力を上げての照射

 

医療レーザー脱毛は肌を直接焼くわけではありませんが毛根を死滅させるほどの熱を発しますので痛くないはずはありません。また部位によって感じ方の違いにおいては毛の太さや濃い部位、脂肪が少ない部分では痛みが感じやすくなります。そして施術前に紫外線を浴びたり普段の保湿など怠ることで乾燥肌となり熱エネルギーを吸収してくれる水分が少ないため痛みを更に増す原因としています。

 

また色黒としている方においても一般の肌の方よりもレーザー脱毛の光が反応してしまいますので痛みが増すことも考えられます。地肌ではしょうがないですが日焼けにより小麦色や黒々としている方は肌色が通常に戻ってからの施術をおすすめします。

 

そして顔の毛には産毛も多く生えており黒い毛に反応しやすいレーザー脱毛は産毛は逆に反応しにくく出力を上げての照射となることから顔脱毛は痛みが伴うことが考えられます。

 

顔脱毛のなかでも痛い部位は?

 

痛みの感じ方は個人差がありますので一概には言えませんが実際に施術した人では鼻下や眉毛が最も痛みを感じたという方が多いようです。その次に頬やアゴの部分としていますが全身脱毛の部位と比較するとそれ程我慢できないほどの痛みとしているわけでもなく途中で止めることなく顔脱毛を完了することができた方が大半としていますので安心しても良いようです。

 

顔の医療脱毛の痛みの対処法

 

脱毛クリニックでは麻酔を使用することができますので本当に我慢できなければ麻酔により痛みを無くすことも可能としています。しかし昨今では医療機器の発達も著しく痛みを和らげるために冷却装置などが設置されているものもあり顔脱毛で我慢できないほどの痛みを訴える人は今ではそれほどいないようです。そのため麻酔を使用する方もゼロに等しいとしています。

 

そして顔脱毛においても数回施術することで毛の量が少なくなってくれば時間も短くなり痛みも少なくなりますので最初のうち我慢することができればその後は不安なく脱毛完了することが期待できます。

 

しかし痛みに敏感としている方でレーザー脱毛の照射時の痛みが耐えられないという方においては出力が弱いエステサロンでの脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

 

効果が実感できる脱毛クリニック

 

湘南美容外科クリニックでは対象部位が額、もみあげ周囲・頬、鼻下、上口ヒゲ+アゴ+アゴ下とセットになっており低価格でフェイス脱毛をすることができます。全国に多くの医院を展開し実績、効果ともに満足できるとしています。また痛みに弱い方には麻酔クリームの使用や肌トラブルの迅速な対応も口コミ、評判でも高評価としています。