顔の医療脱毛で失敗・ミスってあるの?

MENU

顔の医療脱毛で失敗・ミスってあるの?

女性にとって顔は命の次に大事としている方も少なくありませんので美を求めて様々なケアを行う人が多くおりエステや整形など行う人も今では珍しくはありません。そこでうぶ毛やムダ毛が多くある方では自己処理では肌を傷つけてしまったり荒れてしまうことも度々あることから医療機関でレーザー脱毛することでスベスベの美顔となることも期待できます。

 

しかし顔の脱毛をする人が増えているなか今後検討している方では顔の医療脱毛の失敗やミスなどの危険があるということも十分、把握しておく必要があります。ここでは顔のレーザー脱毛のリスクとその対処法なども紹介していますのでこれからの脱毛の参考としてみてはいかがでしょうか。

 

顔脱毛の危険性とリスク

 

  • 一時的にムダ毛が太くなってしまう硬毛化現象
  •  

    レーザーのエネルギーを毛根に与えることによりムダ毛が活性化し強く太くなってしまうこともあり人によって起こる人もいれば起こらない人もいます。しかし硬毛化しても脱毛施術を続けることで毛がなくなっていく場合がほとんどですので硬毛化しても一時的で問題とすることはないようです。

     

  • 肌荒れやニキビができる
  •  

    施術後に肌が炎症を起こしニキビや肌荒れの症状がでてしまう方もおりひどい場合は毛嚢炎を起こすこともあります。施術時の出力が強すぎたことが原因の一つとしていますので医師やスタッフにその旨を伝えることで次回の施術では弱めての照射となります。

     

    また施術後に強い紫外線を浴びることも原因としていますのでアフターケアとして保湿なども十分に行いしばらくは日に当たらないように気をつける必要があります。

     

  • 至近距離での発光で視力の低下
  •  

    医療脱毛クリニックでの施術の際にはヒザ下の施術でも目を保護するためにゴーグルを装着します。そのため目の近くである顔脱毛の場合には更に注意しなければなりませんが万が一、ゴーグルが外れても目を閉じていれば問題ないとしています。逆に照射時にゴーグルをつけず目を開けた状態では危険としていますので注意する必要はあります。

     

  • 高出力による火傷
  •  

    施術前に軽く日焼けをしてしまったり長い時間紫外線っを浴びることで顔が火照っている状態で施術することで肌トラブルに火傷の危険性が高まります。またレーザーの出力が高い場合でも火傷を起こすことありスタッフのミスや失敗などが原因としても考えられます。

 

顔のレーザー脱毛の失敗・ミスには自己責任もある!

 

施術するスタッフによる顔脱毛の失敗やミスにより肌荒れや火傷などを起こすことも予想されますが本人が注意事項など無関心なことから起こり得ることも考えられます。施術前後の禁止事項やアフターケアをおろそかにすることでトラブルを引き起こすこともありますので顔の医療脱毛のリスクを抑えるためにも注意しなければなりません。

 

そして顔部分の毛は産毛が多いので出力が高いレーザーでは火傷の危険性があり低くすることで施術回数が増えることが考えられます。顔は最も印象づける人間の一部分としていますので顔脱毛する場合には多少なりともリスクを背負うこともありますが失敗せずムダ毛を処理することができればきれいな素肌とすることが期待できます。

 

そのため失敗やミスを避けるためにも経験豊富で実績が多数としている美容整形、クリニックを選択することが重要となり医療クリニック評判、比較など参考にしてみてはいかがでしょうか。