生理でもVIO医療脱毛はできますか?

MENU

生理でもVIO医療脱毛はできますか?

アンダーヘアーの脱毛でVIO部位を検討している女性では生理日に施術できるのか気になる人も多いのではないでしょうか。せっかく毛周期に合わせて予約を入れたの脱毛ができないとなるとまた先延ばしとなってしまい残念でもあります。またキャンセル料がかかってしまうところでは施術できないうえに損をしてしまうことも考えられます。

 

ここでは生理当日や生理中の医療脱毛VIOができるのか検証しまとめてみましたので今後のムダ毛処理の参考としてご覧くださいね!

 

 

生理中のデリケートゾーン脱毛は可能?

 

女性なら月に1度は訪れる生理は特に不順の方においては予定日がなかなか定まらないという方も少なくないようです。生理日には予約を避けているつもりが急にきてしまったという経験の女性も多いはずです。そこで結論から言えば生理でもレーザー脱毛はクリニックによってはタンポンを使用することで可能としているところがありますが施術ができないところもあります。

 

施術ができない理由とは?

  • ホルモンバランスが不安定で体調を崩しやすい
  • デリケートな部位で更に敏感に反応しやすい
  • 肌荒れやかゆみが普段よりも増す
  • 経血が流れることで毛穴に血液が詰まる
  • 痛みが増す

 

特に生理中の女性の身体は敏感肌でデリケートとなりますので照射の際の痛みやその後の肌トラブルが懸念されているようです。サロンにおいても断られるところもありますが当日でもキャンセル料がかからないところであれば生理になっても安心できます。

 

そして脱毛クリニックでは生理中は施術できないところもありますが湘南美容外科クリニックや渋谷美容外科クリニックなどでは本人に抵抗がなければタンポンをつけての施術も可能としています。カウンセリングの際には生理でも施術可能か確認しておく必要があるようです。

 

生理中の医療脱毛VIOの注意点!

 

生理のデリケートゾーン脱毛の施術は基本的には次回に先延ばしすることが多くありますが忙しい方にとっては生理中であっても決行したいという方もいます。そこで施術するスタッフへの配慮も必要となります。いくらお金を支払っている顧客ではありますが生理で経血が流れるなか施術するにあたってはプロであってもやはり多少は抵抗があるはずです。

 

そして経血が少ない場合は良いですが大量としている場合はやはり避けるべきとしています。量が多いとタンポンからも染み出し照射がしづらいことも考えられベットなども汚してしまうことも考えられます。生理中のVIO脱毛は無理に実施するのではなくそのときの状況に応じて決行するか検討するべきとしています。

 

またデリケートゾーンは特に痛みを感じるところでもあり生理時では更に増すことも考えられますので覚悟のうえ施術する必要があるようです。そしてその後の皮膚トラブルにおいても十分に注意しなければいけません。

 

生理中の医療レーザー脱毛はどの部位もダメ?

 

念のため生理中の施術は避けた方が無難としていますがクリニックでは基本的には脱毛可能としています。しかし先ほども記載しましたが生理中はホルモンが乱れやすくニキビや吹き出物ができたりするなど肌が敏感となっていることは自身でも感じることでしょう。また毛のサイクルも乱れることもあり生理の医療脱毛はどの部分も痛みや肌トラブル、脱毛効果などリスクがあると言えるようです。